world cafe: 森沢典子

森沢典子

morisawa-square

 森沢典子(もりさわ のりこ)
保育士・幼稚園教諭・私塾教師。
児童教育、児童文学を学び、幼稚園教諭として自然や遊びが育む子どもたちの姿と向き合う。
フランス国立フレネ小学校で教育実習後、現在は自宅を解放し私塾教師を務める傍ら地域に『森のようちえん』を立ち上げ、遊びや好奇心と学びを一貫して捉えた教育に取り組む。
2002年3月、情勢の悪化するイスラエル・パレスチナへ一人で入り、GIPP(パレスチナ人のための草の根運動の会)の協力を得て、パレスチナ自治区を訪れる。帰国後作成したルポが大きな反響を呼び、各地で講演活動を行う。
3.11後、原発事故をきっかけに地域の母親たちに呼びかけ『シロツメクサの会』を立ち上げ測定、学び、自治体への働きかけ、地域の子どもたちの内部被爆対策などに取り組んでいる。
著書:パレスチナが見たい
シロツメクサの会 http://sirotsumekusa.sakura.ne.jp/